生理来ない ストレスチェック。 あなたの生理、大丈夫? [セルフチェック]|お役立ちコンテンツ|生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ

妊娠?ストレス?生理がこない時に考えられる10の理由

生理来ない ストレスチェック

生理がこない、という経験を持つ女性は多いと思います。 生理がこない原因には、ストレス、睡眠不足、ダイエット、激しいスポーツなど日常的に経験することが関係しています。 もちろん、妊娠も生理がこない原因ですが、生理がこない原因の一つには女性ホルモンの分泌量が深く関わっています。 また、病気が原因で生理がこないということもあります。 今回は生理がこない理由や生理不順の理由、原因を知る方法を紹介します。 何日くらいで生理が遅れているといえるのか? 通常、生理は25~38日の周期で起こり、3~7日間出血が持続します。 これが正常な生理と言われています。 生理が遅れるというのは、前回生理が始まった日から数えて39日以上経っても生理がこないことをいいます。 生理が 24日以内の周期や 39日以上の周期で起こることを「月経不順」といい、 3ヶ月以上遅れた場合は「続発性無月経」といいます。 生理の遅れや不順を知る方法は簡単です。 手帳やスマホに「生理開始日」をメモしておきましょう。 自分にだけわかるような星やハートなどの記号を付けておくだけでも OKです。 これを数ヶ月間続ければ、自分の周期がわかってきます。 ルナルナを使えば、月経開始日をメモするだけで排卵予定日や次の生理予定日を教えてもらえて便利ですよ! 生理がこない!10日遅れていたら妊娠かも? 生理が遅れる代表的な原因に「妊娠」が挙げられます。 妊娠は「基礎体温」や「妊娠検査薬」で確認することができます。 基礎体温の測定 女性の体温は女性ホルモンの影響で高い時期と低い時期に分かれます。 この体温差は微妙で通常の体温計では測定できません。 必ず「婦人体温計」で測定するようにしましょう。 朝、目が覚めた直後(体を動かす前)に布団の中で測定します。 毎朝測定して、値をグラフに書き出します。 最低でも 3ヶ月間は測定してグラフの変化をチェックしましょう。 生理が始まると低温期になり、排卵後は高温期になります。 高温期は約 14日間続き、再び低温期になって生理が始まります。 そして、妊娠すると高温期が継続します。 このように、基礎体温をつけておくと自分の体のリズムを視覚的に知ることができます。 妊娠検査薬 妊娠すると、妊娠状態を維持するためのホルモン( hCG)が分泌されるようになります。 日が経つに連れて hCGの分泌量はどんどん増えていきます。 分泌量が増えれば尿中にも hCGが出るようになり、濃度が増していきます。 この仕組みを利用したのが、妊娠検査薬。 使い方は簡単で、棒状の検査薬に尿をかけるだけで OK。 尿中の hCGが一定量を超えていたら妊娠検査薬は「陽性」と反応するようにできています。 妊娠検査薬は生理予定日から使えるものと、生理予定日一週間後から使えるものがあるのをご存知でしょうか? 精度は非常に高く、結果は 9割以上の確率で正しいと言われています。 ただし、 検査する時期や方法が正しくないと正確な結果が出ないことがあります。 使用前に付属の説明書を読むようにしましょう。 基礎体温や妊娠検査薬で妊娠の確認をすることはできますが、これだけでは十分とは言えないので、 妊娠の可能性があると思われる方は必ず産婦人科に行きましょう。 妊娠以外で生理がこない原因 もし、生理予定日から 10日経っても生理がこず、妊娠検査薬でチェックしても陰性の場合は妊娠以外の原因を探りましょう。 原因はいろいろ考えられますが、ただの生理の遅れと侮ってはいけません。 無排卵やホルモン異常、生殖器の病気などが原因の場合は将来的に不妊になる可能性もあります。 腹痛などの症状がなくても、産婦人科を受診して原因を探り、自分の体に合った方法で改善していくようにしましょう。 生理がこない原因 1:ホルモンバランスの乱れ 女性ホルモンには複数の種類があり、それぞれの分泌量が増えたり減ったりして生理の周期ができています。 分泌量を変化させる神経の働きが規則正しくないと、生理不順になります。 自律神経と言われる交感神経と副交感神経の働きは、ストレスや睡眠不足、不規則な食事、暴飲暴食などによって乱れることがよくあります。 自律神経の乱れは生理以外にも体調不良から来ることもありますので、体調にも注意してくださいね。 生理がこない原因 2:急激な体重減少 ダイエットや激しいスポーツが原因で体重が急激に減少すると 「体重減少性無月経」という症状がでる可能性があります。 成長期の激しすぎる運動や、食事を抜くなどの過度なダイエットが引き金になります。 適正体重や体脂肪率の正常値を知り、バランスのいい食事と適度な運動を心掛けましょう。 生理がこない原因 3:病気が原因の生理不順 卵巣、卵管、子宮、子宮頸部など、 女性の生殖器に関わる病気が原因で生理周期が乱れたり、生理が止まったりすることがあります。 こうした病気は婦人科検診で発見することができます。 「忙しくてなかなか検診を受けにくい」という人もいるかもしれません。 ですが、病気は早期発見・早期治療が基本です。 年に一度は婦人科検診を受けるようにしましょう。 生理がこない原因 4:早発閉経 一般的に女性は 40歳半ばから 50歳半ばの期間に閉経します。 閉経前後の 5年間を更年期といい、女性ホルモンの分泌量減少などによる体のトラブル「更年期障害」が多く起こる時期です。 早期閉経は通常よりも早く閉経を迎え、30歳代などで更年期障害になることをいいます。 原因に遺伝や卵巣の病気が挙げられますが、まだ分かっていない点も多いといわれています。 甲状腺や副腎の病気が関係していることもあるようなので、健康診断も定期的に受けておきたいですね。 生理がこないのは、カラダからのメッセージ まず、自分のカラダのリズムを知る意味でも「生理開始日」をチェックしたり、基礎体温を測定したりしましょう。 そして生理が遅れている時は生活を見直し、体のリズムを整えるように心掛けましょう。 自律神経の乱れを治すためにも、まずリラックスし、体を温め、睡眠時間を充分に取るようにしてくださいね。 過激なダイエットも避ける必要があります。 生理予定日を10日過ぎても生理が来ないようなら、それは体からのメッセージかもしれません。 病院で検査を受け、将来の自分のためにも生理がこない・不順という状態を改善していきましょう。

次の

生理が2週間ちかく来ない、ストレス?

生理来ない ストレスチェック

生理が来ない……生理不順の原因はストレス? 生理不順は、医学的には「月経不順」と呼ばれるものです。 生理不順の原因として、生理を直接コントロールする女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが考えられます。 女性ホルモンの分泌は、脳の中の下垂体でつくられる黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンによって細かい調節がされています。 そして、脳の中で生理をコントロールしている視床下部ー下垂体という部分はストレスの影響を強く受けてしまう場所です。 体重減少などの急激な体の変化でストレスが生じると、体が「危機」と感じとり、生理が乱れたり止まったりするのです。 生理不順を感じたら、無理なダイエットをしていなかったか、食事は規則的だったか、睡眠は足りていたか、冷えたりしなかったかなど、大きなストレスはなかったか、生活を見つめ直すきっかけにしましょう。 「正常な月経周期以外のペースで月経が来た場合」を生理不順と呼びます。 月経周期は、「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」で表します。 月経が始まる日数が、25日~38日の間に入っていればそれは正常な月経周期と言えます。 逆に、月経周期が24日以下だったり39日以上だったりした場合は、「月経不順(生理不順)」。 3ヶ月間全く生理が無い状態は「無月経」といって、生理不順よりもより深刻な状態です。 異常な月経はその周期や特徴によって、以下のように病名がついています。 頻発月経……月経周期が24日以下の場合• 希発月経……月経周期が39日以上の場合• 無排卵月経……排卵せずに月経が来ている場合 人によっては、20歳を過ぎてから月経周期が安定することもあるので、10代のうちは生理不順でも年齢とともに改善することがほとんどです。 女性の体はとてもデリケート。 ちょっとしたストレスで排卵が遅れ、2週間くらい生理が遅れてしまうことも少なくありません。 ただ、60日以上生理が来ない場合は、放置するのは危険です。 卵巣の働きがかなり落ちている可能性もあります。 早めに婦人科を受診することをおすすめします。 特に、20歳以上の方で60日間ずっと基礎体温が低いままの場合は、全く排卵していないという事なので、きちんと検査を受けて治療を開始しましょう。 無月経の期間が長ければ長いほど、治療に時間がかかってしまいます。 少なくとも3ヶ月以上完全に生理がない状態が続いたら、すぐに婦人科に行くべきだと覚えておきましょう。 ただし、別の病気のせいで生理不順になっている場合は、まず大元の病気を治療します。 例えば、生理不順の原因が、「高プロラクチン血症」という病気だった場合は、プロラクチンを抑える薬を飲みます。 また、極端なダイエットによって生理が止まってしまった「体重減少性無月経」の治療の基本は、まず体重を元に戻すことになります。 ある程度体重が戻れば、生理も自然に回復してくることがあります。 3ヶ月以上生理が全くない無月経の場合は、とにかくまず1度は出血を来させる必要があるので、ホルモン剤を1~2週間飲んだり、筋肉注射でホルモンを補ったりして生理を起こすのが一般的な治療法です。 元々生理不順だった人が全く生理が来なくなったというパターンや、血液検査で女性ホルモンが極端に少なくなっている場合は、少なくとも3ヶ月間は薬を続けて、その後もきちんと月1回の出血が来るようにしましょう。 月に1回のペースで定期的に出血を起こすことは、「子宮体がん」のリスクを抑えることにもなります。 普段は正常周期、年に1、2回、1ヶ月くらい飛ぶことがある• 生理が1~2週遅れることもあるが、生理前に10日以上の高温期がある• 夏ばてで食欲が低下すると生理が止まる• 受験や仕事のストレスで一時的な生理不順になる 正常な生理周期の女性でも上記のような症状は、しばしば見られます。 まずは、生理の初日を記録しておく習慣をつけましょう。 症状の悪化に気がつきやすく、また、生理不順と思っていたら、実は妊娠していたという時にも役立ちます。 黄体機能不全:高温期がいつも10日未満• 無排卵性月経:生理出血の前に高温期(排卵)がない 基礎体温をつけてみると、生理周期が変動していたり、高温期が短い、高温期が全くないといったことがわかります。 このような場合、卵巣機能不全や排卵障害のため冷え性などの症状があることが多く、将来妊娠しにくくなる場合があるため、産婦人科の受診をおすすめします。 無月経が続くと子宮の筋肉は萎縮し、妊娠しにくくなります。 ホルモン治療で月経周期が規則的になっても、委縮して小さくなった子宮が元の大きさに戻るのは時間がかかります。 また乳首の色も濃くなっていきます。 高温期が3週間以上続く場合が妊娠している目安です。 風邪のひきはじめのような症状が現れることもありますが、妊娠を疑っている時は薬の服用、またレントゲンの照射に注意が必要です。 このイライラは妊娠中期に入る頃にはおさまってきます。 また、黄体ホルモンの分泌が続くので、腸の動きが鈍くなり、妊娠初期から便秘がちになることがあります。 ただし、まったく症状のない人もいます。 むかつきや吐き気、嘔吐、頭が重い、唾液が多くなる、など、つわりの症状も程度も人により様々です。 早ければ、着床から1週間後くらい、生理の予定日くらいにはうっすらと陽性が出ることもあります。 ただし、妊娠の極初期や生理不順で排卵が遅れたときなどは、妊娠していても陰性と判定が出ることがあります。 逆に、不妊治療の際に排卵を起こすために注射したhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)によって、妊娠していないのに陽性になる場合もあります。 使用する時期は予定月経日の1週間後からにしましょう。 取扱説明書をよく読み、正しい使い方で使用しましょう。 タイミングによっては正しい結果が出ないこともあります。 必ず医師の診察を受けて確認しましょう。 その場合、検査のタイミングが早すぎた可能性があります。 一般的に「最後の生理から数えて3週5日」を過ぎなければ陽性にはなりません。 一度陰性が出たからといって妊娠していないとは判断できません。 2~3日後に再度検査をすると陽性になることも。 また、タイミングも問題なく検査をして陰性だったにも関わらず、吐き気・腹痛・胸が張る・腰痛などの妊娠初期のような症状がある場合も。 このような症状があっても、検査が陰性なら妊娠ではありません。 ただ、月経前症候群やホルモン異常が疑われます。 何度検査をしても陰性なのに生理が来ない場合、無排卵、閉経、早発卵巣機能不全などのホルモン異常が原因のことも考えられます。 病院を受診することおすすめします。 確実に調整するには、中用量または低用量ピルを使うことですが、黄体ホルモン剤だけでも可能です。 若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度かまたは連続で服用しても害はありません。 ただし、喫煙者や肥満の人や片頭痛がある人はピルが飲めないので、病院では、黄体ホルモンの薬を代わりに処方してもらうことができます。 フレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の生理の回数を3~4回に減らすこともできます。 継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に生理を来させることができるので便利です。 ピルを飲んだときの副作用として多いのは、吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルですが、ピンポイントで中用量ピルを使うより、日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。 性交渉の際にコンドームが破れてしまった、コンドームが途中で外れてしまった、そもそも避妊をしていなかった、などの理由で、妊娠を望んでいない場合の緊急的な手段として翌朝に服用されることが多いため、事後避妊薬、モーニングアフターピル、アフターピルとも呼ばれています。 日本で承認されている緊急避妊薬もあり、性交渉後72時間以内、つまり3日以内に内服する必要がありますが、服用は早ければ早いほど効果的です。 注意しなくてはならないのは、緊急避妊薬はあくまでも緊急時に使用し、強制的に避妊させる薬であるため、身体への負担が高いということです。 妊娠を希望せず、事前に準備ができる場合は、毎日内服することで高い避妊効果が得られる「低用量ピル」がおすすめですが、緊急時には「緊急避妊薬」という方法もあるということは覚えておきましょう。

次の

【女性必見】生理が遅れる原因をチェック…病気の可能性もあるの?

生理来ない ストレスチェック

「月経が安定しないのは自分だけ?」と、不安になることはありませんか? 実際にどのくらいの人が生理不順に悩んでいるのか、働く女性にアンケートを実施。 また、生理不順に忍び寄る危険や、婦人科に行くタイミングなど、女性なら知っておきたいことをアヴェニューウィメンズクリニックの福山千代子先生に教えてもらいました。 Q.あなたは、生理不順になったことがありますか? 「ない」が若干上回ったものの、約45%の女性が「ある」と回答。 では女性たちの生理不順がいったいどんなものなのか、エピソードをみていきましょう。 2週間もしないうちに来たときはびっくりした」(31歳/情報・IT/技術職) 月経が来る頻度が高いと心配だし、なによりとてもやっかい。 出血が多いので、貧血になることもありそうです。 半年ほど」(26歳/情報・IT/技術職) ・「半年以上こなくなって怖くなって産婦人科に行った」(33歳/その他/クリエイティブ職) ・「大学に入ったころ、ストレスやホームシックで、3カ月位生理がとまったことがある」(29歳/学校・教育関連/専門職) 環境の変化やストレスで月経が遅れた経験がある人も多いのでは? 生理不順の対策は、ストレスとの付き合い方もポイントになりそうです。 今でも1~2週間生理が遅れると、来た際に重い症状になったり、精神的に不安になってストレスとなる」(28歳/自動車関連/営業職) ・「相性のまったく合わない上司がいる部署に異動した途端、生理不順に。 ストレスが原因かと思うが体重も40kgまで落ち、生理が来ないのも当然と医者に言われた。 その部署から異動するまでの3年間ずっと生理不順だった」(31歳/金融・証券/事務系専門職) ・「現在、5年以上、生理が来てない」(29歳/情報・IT/技術職) 中には3年以上月経が来ていないという意見も! 放置するのは危険です。 すぐにでも婦人科に行くことをオススメします。 では、「生理不順」になったことのある人の中で、どれくらいが婦人科を受診したことがあるのでしょうか? Q.生理不順で婦人科を受診したことがありますか? こちらも「ない」のほうが若干多いという結果に。 では、それぞれの意見を見ていきましょう。 自分の体と向き合うのは大切ですね。 大事なのは、病院へ行く勇気の一歩を踏み出すことかもしれませんね。 生理不順の症状と婦人科へ行くサイン では、生理不順とは一体どんなもので、どんな状況になったら婦人科に行けばよいのでしょうか? アヴェニューウィメンズクリニックの福山千代子先生に、生理不順の症状と婦人科へ行くサインについて聞いてみました。 月経がなんとなく不規則だなと感じたら、基礎体温を付けてみるのもよいでしょう。 しかし、月経の頻度が多く、2週間に1回生理が来る、または頻度が少なく2~3カ月も月経が来ていないという場合は、注意が必要です。 月経の異常には、妊娠しづらい体になっていることや病気が隠れている可能性もあります。 『出血が止まらない』『レバーのような血のかたまりが出る』という場合も同様です。 基礎体温を記録している方は、持ってきてくださると原因を突き止めやすくなります。 また診療を受ける際は、オールインワンのような上下がつながったパンツタイプのものは避けるとよいですよ」 まとめ 放置すると、さまざまな病気や不妊の可能性にもつながる生理不順。 抵抗感はあるかもしれませんが、婦人科医の先生なら悩みをしっかりと受け止めてくれるはず。 早めの受診を心がけるようにしましょう。 予めご了承ください いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の